大阪国際女子マラソン2021│注目選手,出場選手,これまでの優勝者一覧まとめ

大阪国際女子マラソンマラソン 駅伝
スポンサーリンク

2021年1月31日に大阪の街で行われる大阪国際女子マラソンについてチェックしていきます、東京オリンピック代表選手もエントリーされ、また注目の若手選手のエントリーもありそうです。

これまでの優勝者一覧と合わせて、この大阪国際女子マラソン2021の注目選手と出場選手についてまとめていきます。

また、結果速報はこちらの記事にて更新していきますので、是非ともご覧下さい。

【結果速報】大阪国際女子マラソン2021│,ライブ放送や結果一覧まとめ

大阪国際女子マラソン2021の概要

まずは、簡潔に大阪国際女子マラソンの概要を確認しておきます。

大会名称:第40回 大阪国際女子マラソン大会

日時:2021年1月31日(日)12時10分スタート

コース:大阪市永井公園内周回コースに変更(2,8kmx約15週)*変更

公認競技会で登録者として下記の記録を出した大会当日満1 9歳以上の女性競技者

●マラソン:2時間50分以内
●30km:1時間58分以内
●ハーフマラソン:1時間17分以内
●10000m、10km :35分以内
●日本陸上競技連盟が推薦する女性競技者

招待選手

ここで大阪国際女子マラソン2021の招待選手一覧になります(1/12時点)

名前所属自己ベスト年 大会 位
一山麻緒 ワコール2時間20分29秒20名古屋1
前田穂南天満屋2時間23分48秒18大阪2
岩出玲亜2時間23分52秒19名古屋5
谷本観月天満屋2時間25分28秒19名古屋11
池満綾乃鹿児島銀行2時間26分07秒19名古屋12
山口遥AC・KITA2時間26分35秒20大阪7
中野円花岩谷産業2時間27分39秒19大阪4
萩原歩美豊田自動織機1時間10分16秒(ハーフ)19全日本h

ネクストヒロイン

大会HPにはネクストヒロイン選手として大学生を中心に若い注目選手がピックされています。

まとめてみていきましょう。

名前所属自己ベスト年 大会 位
清水萌衣乃パナソニック1時間12分45秒(ハーフ)18日本学生4
奧村純夏大阪芸術大2時間41分05秒20大阪24
長濱夕海香大阪芸術大1時間13分46秒(ハーフ)20関西学h3
古田美月羽衣国際大1時間13分52秒(ハーフ)20関西学h4
上野真理子佛教大1時間13分59秒(ハーフ)20関西学h5
仲野由佳梨神戸大1時間14分36秒(ハーフ)20関西学h8
奥村紗帆東海大33分53秒(10000m)19ホクレン

大阪国際女子マラソン2021の注目選手

ここで、大阪国際女子マラソン2021の注目選手をチェックしていきます。

一山 麻緒(東京オリンピック代表)

東京オリンピック代表の一山選手、2020年3月に行われたMGCファイナルチャレンジ第3弾である名古屋ウィメンズマラソンで見事に優勝、記録も2時間20分29秒を記録して東京オリンピック最後の枠を勝ち取りました。

中学,高校時代は全国では無名の選手、高校を卒業後に京都のワコールに入社し実業団の選手として活動。

その後、実力をどんどんと伸ばしていき2019年の東京マラソンが初マラソンになりました、そこで女子総合7位と結果を残し、その後ロンドンマラソン、函館ハーフマラソンなどレースを経ています。

今回の大阪国際女子マラソンでの走りに期待しましょう。

 前田 穂南(東京オリンピック代表)

2019年9月に行われたマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で優勝し見事にオリンピック代表の座を獲得した前田選手。

2017年に行われた大阪国際女子マラソンでネクストヒロインとして出場し結果12位、これが初マラソンにになります。

その後は、北海道マラソンで優勝、初マラソンの翌年の大阪国際女子マラソンでは2位と順調に実績を積み重ねていき、日本の女子マラソン界のトップの選手に成長していきます。

東京オリンピックが1年間延期になったことが調整にどれほど影響があるか、この大阪国際女子マラソン2021でどんな走りを見せてくれるのかに期待が持たれますね。

一山選手と前田選手の走りが一番の注目なるでしょう。

大阪国際女子マラソン歴代優勝者&タイム

今回で40回目を迎えます大阪国際女子マラソンの歴代の優勝者をタイムと合わせて一覧にて紹介いたします。

第1回1982/1/24 リタ・マルキシオ (ITA)2時間32分55秒
第2回1983/1/30 キャリー・メイ(IRL)2時間29分23秒
第3回1984/1/29 カトリン・ドーレ (DDR)2時間31分41秒
第4回1985/1/27 キャリー・メイ (IRL) 2時間28分07秒
第5回1986/1/26 ロレーン・モラー (NZL)2時間30分24秒
第6回1987/1/25 ロレーン・モラー (NZL) 2時間30分40秒
第7回1988/1/31 リサ・マーチン (AUS)2時間23分51秒
第8回1989/1/29 ロレーン・モラー (NZL) 2時間30分21秒
第9回1990/1/28 ロザ・モタ (PRT)2時間27分47秒
第10回1991/1/27 カトリン・ドーレ (DEU) 2時間27分43秒
第11回1992/1/26 小鴨由水(ダイハツ)2時間26分26秒
第12回1993/1/31 浅利純子 (ダイハツ)2時間26分26秒
第13回1994/1/30 安部友恵 (旭化成)2時間26分09秒
第14回1995/1/29中止阪神・淡路大震災の為
第15回1996/1/28 カトリン・ドーレ (DEU) 2時間26分04秒
第16回1997/1/26 カトリン・ドーレ (DEU) 2時間25分57秒
第17回1998/1/25 リディア・シモン (ROU)2時間28分31秒
第18回1999/1/31 リディア・シモン (ROU) 2時間23分24秒
第19回2000/1/30 リディア・シモン (ROU) 2時間22分54秒
第20回2001/1/28 渋井陽子(三井住友海上)2時間23分11秒
第21回2002/1/27 ローナ・キプラガト (KEN)2時間23分55秒
第22回2003/1/26 野口みずき(グローバリー)2時間21分18秒
第23回2004/1/25 坂本直子(天満屋)2時間25分29秒
第24回2005/1/30 エレナ・プロコプツカ(LVA)2時間22分56秒
第25回2006/1/29 キャサリン・ヌデレバ (KEN)2時間25分05秒
第26回2007/1/28 原裕美子 (京セラ)2時間23分48秒
第27回2008/1/27 マーラ・ヤマウチ (GBR)2時間25分10秒
第28回2009/1/25 渋井陽子 (三井住友海上) 2時間23分42秒
第29回2010/1/31 アマネ・ゴベナ(ETH)2時間25分14秒
第30回2011/1/30 赤羽有紀子 (ホクレン)2時間26分29秒
第31回2012/1/29 重友梨佐 (天満屋)2時間23分23秒
第32回2013/1/27 福士加代子 (ワコール)2時間24分21秒
第33回2014/1/26 赤羽有紀子 (ホクレン) 2時間26分00秒
第34回2015/1/25 エレナ・プロコプツカ (LVA)2時間24分07秒
第35回2016/1/31 福士加代子 (ワコール) 2時間22分17秒
第36回2017/1/29 重友梨佐 (天満屋) 2時間24分22秒
第37回2018/1/28 松田瑞生 (ダイハツ)2時間22分44秒
第38回2019/1/27 ファツマ・サド(ETH)2時間25分39秒
第39回2020/1/26 松田瑞生 (ダイハツ) 2時間21分47秒
第40回2021/1/31
名前の後ろの()は日本人選手は所属、外国人選手は出身国になります。

大会のイラストは浦沢直樹(漫画家)

こちらが今大会のポスターになります。

キャラクターデザインは漫画家の浦沢直樹氏になります。

浦沢直樹氏は「YAWARA」「20世紀少年」「MONSTER」など大ヒット作品を多く輩出している漫画家でです。

しかも今回で3年連続のようです、2020年と2019年も合わせて紹介します。

2020年ポスター

2019年ポスター

まとめ

今回は2021年1月31日に行われる、大阪国際女子マラソンの出場選手、注目選手について見てきました。

今回の注目はやっぱり東京オリンピック代表の一山選手と前田選手になることは間違えないでしょう。

まだ招待選手は出場選手の発表が今後もあると思われますので、わかり次第更新していきます、この先も注目していきたいところですね。

出場選手の皆さん、熱い走りを期待しています、頑張って頂きたいです、応援していきましょう。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました