『西田有志』バレーボール|全日本での活躍とオリンピック後は海外?

バレーボール
スポンサーリンク

今回は、全日本男子バレーボール西田有志選手の全日本での活躍を書いていきたいと思います。

今回で西田選手の記事は4回目です、グッズ、人気、Ⅴリーグでの活躍に続きまして、今回は全日本です。

オリンピック後についても考察して見たいと思います。

他の西田選手の記事(人気)です→『西田有志』バレーボール│凄すぎる人気や発言をまとめてみました

西田有志選手のプロフィール

名前:西田有志

出身:三重県いなべ市

生年月日:2000年1月30日

出身高校:海星高校

身長:186cm

西田選手の全日本初召集は

2018年4月に高校を卒業し、そのままVリーグのジェイテクトSTINGSへ入団すると同時に全日本代表へ招集されました。

高校卒業前からVリーグでのデビューを果し高校生ながら圧倒的なパフォーマンスを見せていました。

この時の目標は世界選手権に出場するメンバー入りすることだとし、

「1番下っ端なので、まず目の前のことをおろそかにしないようにしたい。苦しい思いをして、強くなっていかないと」

産経新聞より

コメントしている

西田選手の全日本デビューは

2018年5月~6月に行われた、ネイションズリーグで全日本デビューすることになります。

デビューしたこの大会で大活躍、なんと日本は世界の強豪イタリアに11年ぶりに勝利することになります。

このイタリア戦の勝利には西田選手の活躍がすごく大きかったようです。

同時期に長らく全日本のオポジットとして活躍してきたパナソニックの清水選手が右前十字靱帯(じんたい)損傷で長期離脱中との巡り合わせもあったのではないでしょうか。

しかし、18歳とは思えない華々しいデビューとなりました。

オリンピックを目指し全日本デビューを期待される若い選手はまだまだ日本にはいます、『高橋藍(らん)』バレー日本代表│目指すオリンピックへ、すごい最高到達点やプロフィールを紹介

西田選手の全日本での活躍は

高校卒業と同時にⅤリーグ入りしそのまま全日本に選ばれしっかりとした存在感を示した西田選手、バレーボール選手としては186cmと大きくありません、ポジションは攻撃専門のオポジット(昔のライト)、持ち前の度胸を若さを武器に一躍日本バレーボール界のスターへと駆け上がるのです。

2019年W杯での活躍

日本中がバレーボール全日本男子西田有志と言う選手に魅了された大会が2019年のW杯でしょう。

日本には石川祐希や柳田(キャプテン)、ケガから復帰の清水などの名の知れて選手がいましたが、今大会の主役は西田選手でしょう。

ダイナミックな助走からすさまじい跳躍力、サウスポーの左腕から繰り出せれるスパイク、スパイクが決まった後の会場のどよめき、それ以上に感じる西田選手の雄たけびなど日本中を盛り上げてくれました。

2019年W杯カナダ戦での連続サーブ

大会最終日、世界ランキング11位の日本は同6位のカナダに最終セットまでもちこむ粘りをみせ付けていました。

最終の第五セット9-9からサーバーは西田選手、誰もが期待したサービスエースを1本目で獲ると、

そのまま5本のサービスエースを含む6連続ポイントでカナダに勝利。

試合会場は大興奮、まさかここまでの大活躍をしてくれるとは、期待はしていますが、予想はしていなかったでしょう、見事に西田選手はやってのけました。

この大活躍もあって、日本は大会史上初めて8勝(3敗)を挙げ、4位でW杯を終えまし

た。

2位に10本差をつけてベストサーバー賞、またベストオポジットにも選ばれ、総得点の3位に付ける活躍でした。

誰もが全日本のスターの誕生を感じたのではないでしょうか。

西田選手のオリンピックへむけてのコメント

W杯後にオリンピックに向けての意気込みを語っています。

「W杯のメダルには一歩届かなかったのですが、それよりも勝って、いい癖をつけられたこともよかったと思いますし、次に、オリンピックに絶対つながる経験だと思うので、これを糧にしてオリンピックでは絶対メダルをとりたいと思います。」

バレーボールマガジンより

オリンピック延期が決まってからのコメント

1年後までに「もちろん技術は向上させてたいですし、やらなければいけないことは明確にあります。何をしたら良いかわからない状況になってしまわないためにも、この1年間は何をモチベーションにするかを考えています。」

月刊バレーボールより

西田選手のオリンピック後や将来は

西田選手は将来的には海外でプレーしてみたいとコメントしていました。

東京オリンピックが延期になり世の中がコロナウィルスで大変な時に海外へ移籍することは無いと思いますげ、来年のオリンピック終了後には海外のチームに移籍をする可能性も出てくるのではないでしょうか。

石川選手のいる世界最高峰のリーグセリエA(イタリア)でのプレーをするところが観れるかもしれませんね。

しかしながら、日本でスーパープレーを見せてくれ続ける欲しい願望もありますよね。

2019-20シーズンでの日本のVリーグでMVPを獲得する活躍をしています、その活躍はチェックしてみてください→『西田有志』バレーボール|Vリーグでの活躍しMVP獲得、優勝後のコメントまとめ

まとめ

いろいろと西田選手について書いてきました、今回は全日本についてですが、まだ全日本に初召集されてから2年しかたっていません。

この2年間で日本にはなくてはならない存在の選手になってくれました。

オリンピックでの活躍とその先のまだまだ長いバレーボル人生での活躍を期待して入りファンとして楽しみにしたいです。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

ちなみに西田選手グッズです、まだ少ないようですのでこれから新作の発売に期待しましょう→『西田有志』グッズはあるの?タオルやユニフォームのまとめ。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました