『西田有志』バレー│サーブがすごい!!スピードは何キロ出てるの

バレーボール
スポンサーリンク

日本バレー界の若きスーパースターの『西田有志』選手のサーブが凄いんです。

2019年秋のワールドカップでの活躍、その後の2019-20のⅤリーグでの活躍と一躍東京オリンピックの注目選手と注目されるようになりました。

今回は西田有志選手のサーブの凄さについてチェックしていきます。

また、こちらでは西田選手のまた、こちらでは西田選手の全日本での活躍を紹介しています。『西田有志』バレーボール|全日本での活躍とオリンピック後は海外?

『西田有志』バレー│サーブがすごい!!

2019年のワールドカップにて出場した試合でのサーブでの得点が凄かったですね。

バレーボール選手としては小柄な186cm、しかしながら鍛えあげられた筋力や尋常でないジャンプ力から繰り出されるサーブで世界の強豪相手に大活躍してくれました。

特にこのカナダ戦

大会最終日、世界ランキング11位の日本は同6位のカナダに最終セットまでもちこむ粘りをみせ付けていました。

最終の第五セット9-9からサーバーは西田選手、誰もが期待したサービスエースを1本目で獲ると、そのまま5本のサービスエースを含む6連続ポイントでカナダに勝利。

おそらく、日本中で現地やTVが観戦しているファンは、あわゆくばこの結果を期待したのではないのでしょうか。

『西田有志』選手サーブの凄さの秘密

鍛え抜かれた筋力

この写真をアップしてみますと

この、ふくらはぎや太ももの筋肉と両腕の振りから繰り出される驚異のジャンプ力と滞空時間、上半身のしっかりとした筋力がそなわり、その勢いとパワーをボールにぶつけます。

サウスポー

「左を制するの者は世界を制す」とボクシングで言われるように、西田選手の特徴の一つであるサウスポーは大きな武器の一つでしょう。

いままで、これほどの強力なサーブを打つサウスポーは存在しませんでした。

また、サウスポー独特のスライスする球筋のサーブが打てます、その特徴のある球筋にパワーとスピードが加わることで強烈で相手が取りずらいサーブが打てるのです。

強いメンタル

これが、西田選手の一番の特徴ではないでしょうか。

見ていて熱くなるプレースタイルで、喜びを爆発し、喜怒哀楽をあらわにし会場ごと虜にしてくれます。

強気の中でも冷静さを持ってプレーしている部分も伺えるところも随所にある、強いメンタルと自分をコントロールできているのではないでしょうか。

獲得したサーブでの個人タイトル

バレーボール選手は、チームの勝利の為に戦っています、繋ぎのスポーツなので自分一人ではなく繋いで得点をするスポーツです。

しかし、このサーブでの得点サービスエースはサーブを打つ一人のプレーやの得点になります(実際にはそのサーバーまで回すまでの得点や、どこにサーブを打つかの情報や試合の流れなど一人での得点とは言えませんが)。

個人タイトルの少ないバレーボールですので、個人タイトルを狙っている選手はほとんどいいないと思います。

個人タイトルは最終の結果的にそうなったと言っても良いでしょう。

そんな中、西田選手は、

2019年バレーボールアジア男子選手権大会

ベストサーバ賞

2019年ワールドカップバレーボール

ベストサーバー賞

このワールドカップでは、29得点を叩き出し、この大会を通じ一番サーブで得点した選手となりました。

ちなみに2位が19本ですので、圧倒的ですね。(西田選手はアメリカ戦は出場していませんので、もし出場していたらもっと増えていたかも知れません)

2019-20Vリーグ

ベストサーバー賞

2019-20のVリーグでは所属チームのジェイテクトが見事優勝をすることができましたそんな中、西田選手は2年連続のベストサーバー賞を獲得。

2019-20 27試合中 70得点(2位=55)

2018-19Vリーグ

ベストサーバー賞

Vリーグデビューとなったこの年で新人ながらいきなりのベストサーバーに。

2018-19 27試合中45得点(2位=41)

ちなにのこの前の年の1位は、2018-17 21試合37得点 エドガートマース(JT)

その2年後にはサーブでこの倍の得点を取ることになりました。

『西田有志』選手のサーブ、スピードは何キロ?

ではこれだけの西田選手のサーブはいったい何キロの速度が出ているのでしょうか

西田選手のサーブのスピード速度は

西田選手がくりだすサーブのスピードは時速121Kmを計測したそうです。

最近はテレビでサーブのスピードが表示されます、簡単に数字で見るだけですが、実際にコート内で体感するとすごいスピードでしょう。

男子選手の平均速度は時速110Kmと言われています、そうすると西田選手は平均よりも10Kmも早いことになりますね。

世界最速のサーブは

ちなみに世界最速のサーブはと言いますと、イバン・ザイツェフ選手134キロのサーブが世界一速いようです。映像もありました。

西田有志選手のプロフィール

名前:西田有志

出身:三重県いなべ市

生年月日:2000年1月30日

出身高校:海星高校

身長:186cm

所属:ジェイテクトSTINGS

西田選手はサーブだけではありません、スパイクも凄いんです、詳しくは『西田有志』バレー│スパイクがすごい!!その秘密は?

まとめ

今回は西田有志選手のサーブについてチェックしてきました。

西田選手はまだまだ若くこれからもどんどんと成長してくれることでしょう、今後の活躍が楽しみです。

延期になった東京オリンピックでも大活躍を期待しています。

また、西田選手に関して他にの関連記事があります合わせてチェックしてみてください。

『西田有志』バレーボール|Vリーグでの活躍しMVP獲得、優勝後のコメントまとめ

『西田有志』バレーボール│凄すぎる人気や発言をまとめてみました

『西田有志』グッズはあるの?タオルやユニフォームのまとめ。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後も有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました