【奈良育英】奈良県代表│高校サッカー選手権2022選手一覧と県予選のまとめ

高校サッカー選手権
スポンサーリンク

今回は、高校サッカーの高校サッカー選手権2022奈良県代表として出場し注目される奈良育英について見ていきたいと思います。

高校サッカー界で最も注目されるのがこの高校サッカー選手権です、出場を決めた各都道府県代表校をしっかりと注目していきましょう。

また高校サッカー選手権の詳細や、結果速報については下記の記事にて更新していきますので、是非ともチェックしてください。

全国高校サッカー選手権2022結果速報や組合せのまとめ

全国高校サッカー選手権2022 都道府県予選まとめ

全国高校サッカー2022出場校一覧、歴代優勝校

高校サッカー選手権2022 大会詳細

それでは2022年の高校サッカー選手権の大会詳細を確認しておきましょう。

第101回全国高校サッカー選手権大会

開催期間:2022年12月28日(水)~2023年1月9日(月)

開催地:関東地方

会場:

出場校:〇〇チーム

競技方法:トーナメント方式

奈良育英  選手一覧

それでは【奈良育英】の選手一覧を確認しておきましょう。

【高校サッカー選手権2022 奈良育英】

No.P選手名学年前所属チーム
1GK伊藤 圭介3年SOLESTRELLA NARA 2002
12GK國時 慎平1年SOLESTRELLA NARA 2002
23GK瀧川 笑玄2年奈良YMCA SCジュニアユース
3DF奥村 央樹2年FC Anillo
4DF山本 海心3年郡山西中学
5DF西尾 駿3年奈良YMCA SCジュニアユース
6DF久代 和夢3年奈良クラブジュニアユース
7DF田中 凰樹2年奈良YMCA SCジュニアユース
15DF八木 涼輔2年ポルベニル カシハラ
17DF田中 琥士2年ディアブロッサ高田FC U-15
25DF竹田 秦1年ディアブロッサ高田FC U-15
27DF植村 翔輝1年奈良クラブジュニアユース
28DF谷川 琉希也1年法隆寺FC U-15
2MF藤岡 仙太郎2年法隆寺FC U-15
8MF磯貝 新之助2年奈良YMCA SCジュニアユース
9MF大西 陽太3年若草中学
13MF吉田 悠人3年木津中学
14MF水流 大翔2年IFC VIENTO
18MF木村 航大3年大阪市SS 2001
19MF有友 瑠1年京都サンガFC U-15
21MF山本 浬2年IFC VIENTO
22MF村田 康成2年ディアブロッサ高田FC U-15
24MF藤川 陽太1年奈良YMCA SCジュニアユース
26MF水津 煌人1年YF NARATESORO
30MF河原 鴻介1年宇治FCジュニアユース
10FW濱上 大輝3年ディアブロッサ高田FC U-15
11FW桝田 琉3年SOLESTRELLA NARA 2002
16FW井登 奏汰2年SOLESTRELLA NARA 2002
20FW尾嵜 雄太3年法隆寺FC U-15
29FW佐藤 聡祐1年ディアブロッサ高田FC U-15
JFA.JPより

奈良県予選 結果

ここでは、奈良育英が優勝した奈良県予選の結果を確認しておきましょう。

  •   1回戦:奈良育英 1ー0 大和広陵
  •   2回戦:奈良育英 1ー0 女子大附属
  • 準々決勝戦:奈良育英 9ー2 奈良
  •  準決勝戦:奈良育英1(4PK2)1 五條
  •   決勝戦:奈良育英 3-0 山辺

奈良県予選の詳細はこちらになります→奈良県予選

高校サッカー選手権2022出場校まとめ

それでは、最後に高校サッカー選手権2022出場校をまとめておきましょう。

高校名をクリックすると、その高校の詳細ページへ移動しますので是非ともご覧ください。

(県名からはその県の予選詳細ページに移動します)

【男子】

都道府県代 表 校出 場 回 数
北海道北海2年連続12回目
青森県青森山田26年連続28回目
岩手県盛岡商業11年ぶり17回目
秋田県明桜2年ぶり5回目
山形県羽黒2年連続9回目
宮城県聖和学園6年ぶり5回目
福島県尚志2年連続13回目
茨城県鹿島学園3年連続11回目
栃木県佐野日大6年ぶり9回目
群馬県前橋育英2年連続25回目
埼玉県昌平2年ぶり5回目
千葉県日体大柏初出場
東京都國學院久我山
成立学園
3年ぶり9回目
17年ぶり3回目
神奈川県日大藤沢3年ぶり6回目
山梨県山梨学院3年連続9回目
新潟県日本文理5年ぶり2回目
富山県富山第一8年連続33回目
石川県星稜3年連続31回目
福井県丸岡5年連続33回目
長野県松本国際2年ぶり5回目
静岡県浜松開誠館4年ぶり2回目
愛知県東邦4年ぶり7回目
岐阜県帝京可児4年連続9回目
三重県津工業15年ぶり3回目
滋賀県近江2年ぶり2回目
京都府東山2年連続5回目
大阪府履正社2年ぶり4回目
兵庫県芦屋学園初出場
奈良県奈良育英2年連続15回目
和歌山県近大和歌山2年連続9回目
鳥取県米子北13年連続18回目
島根県立正大湘南3年ぶり19回目
岡山県岡山学芸館2年連続5回目
広島県広島皆実2年ぶり17回目
山口県高川学園4年連続28回目
徳島県徳島市立2年ぶり19回目
香川県四学香川西4年ぶり12回目
愛媛県帝京第五初出場
高知県高知2年連続18回目
福岡県飯塚初出場
佐賀県龍谷3年ぶり3回目
長崎県国見12年ぶり24回目
熊本県大津2年連続19回目
大分県大分3年ぶり12回目
宮崎県日章学園3年ぶり16回目
鹿児島県神村学園6年連続10回目
沖縄県西原2年連続5回目

まとめ

今回は、高校サッカー選手権2022での活躍が大いに期待されます奈良県代表である奈良育英について見ていきました。

全国の舞台で奈良育英高校の戦いや活躍注目していきます。

開催が待ち遠しい高校サッカー選手権2022の各県の代表校の活躍に大いに期待していきましょう。

頑張っていただきたいです、応援していきましょう。

選手の皆さん頑張ってください。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました