【関東第一】高校男子サッカーインターハイ2022 東京都代表│選手一覧と県予選のまとめ

サッカー’22インターハイ選手一覧
スポンサーリンク

今回は、2022年7月24日(日)~30日(土)に徳島県にて開催される2022年の四国インターハイ高校サッカーへ出場する東京都代表の関東第一高校について見ていきましょう。

関東第一の選手と東京都予選についてを合わせて確認していきましょう。

また、インターハイの詳細や、結果速報については下記の記事にて更新していきますので、是非ともチェックしてください。

インターハイ2022【サッカー】出場校と大会詳細

インターハイ2022【サッカー男子】結果速報

2022 高校サッカー インターハイの概要

それでは、インターハイの概要を確認しておきましょう。

令和4年度全国高等学校総合体育大会 四国総体

インターハイ2022 サッカー

日程

男子:2022年7月24日(日)~30日(土)

抽選会:6月25日(土)

開催地:徳島県

男子会場:

  • 徳島市球技場第1競技場
  • 徳島市球技場第2競技場
  • ワークスタッフ陸上競技場(徳島市陸上競技場)
  • 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
  • 鳴門・大塚スポーツパーク第二陸上競技場
  • 鳴門・大塚スポーツパーク球技場
  • JAアグリあなん運動公園JAアグリあなん陸上競技場
  • ヨコタ上桜スポーツグラウンド(吉野川市多目的グラウンド)
  • 徳島スポーツビレッジピッチB
  • 徳島スポーツビレッジピッチC

大会要項

関東第一 選手一覧

それでは早速、関東第一の選手一覧を確認しましょう。

No.Pos.選手名前所属チーム
1GK遠田 凌3年/ジェファ フットボールクラブ
17GK内海 ジョシュア1年/大豆戸FCジュニアユース
20GK小関 健流3年/堀切中学校サッカー部
2DF小谷 旺嗣3年/FC LAVIDA
3DF矢端 虎聖3年/FC古河
4DF池田 歩柊3年/SP-フッチサッカークラブ
5DF北村 翼2年/インテリオールフットボールクラブ
12DF岡崎 礼暉1年/インテリオールフットボールクラブ
18DF川上 翔大2年/SCHフットボ-ルクラブ
6MF小松 奏哉2年/横浜栄FC
7MF渡邊 倖大1年/ヴェルディSSレスチ
8MF山本 匠2年/JSC CHIBA
13MF石塚 優斗2年/カナリーニョフットボールクラブ
14MF福士 琉斗1年/FASCINATE junior youth
15MF稲見 佳祐2年/JSC CHIBA
16MF平形 京太2年/tfaジュニアユース
19MF松野 竜成2年/東京SC U-15
9FW山戸 建太朗3年/FRIENDLY Jrユース
10FW本間 凜3年/JSC CHIBA
11FW鹿岡 翔和3年/CLUB ATLETICO ALEGRE
JFAより転用

関東第一予選戦歴

それでは、インターハイへ出場を決めた関東第一の予選での戦いを確認しておきましょう。

【東京都大会】

  • 準々決勝: 関東第一 4ー0 国士館
  • 準決勝戦: 関東第一 0(3PK2)0 東海大高輪台
  • 決勝戦 : 関東第一 0ー1 帝京 

予選の詳細はこちらになります→東京都大会

インターハイ2022 出場校一覧

それではインターハイへ出場する全国の高校(男子)を確認しましょう。

地区名、高校名をクリックすると詳細ページに移動しますので是非ともご覧ください。

都道府県代 表 校出 場 回 数
北海道旭川実業
札幌光星
2大会連続7回目
27大会ぶり11回目
青森県青森山田22大会連続25回目
岩手県花巻東初出場
秋田県明桜32大会ぶり5回目
山形県山形中央4大会ぶり12回目
宮城県聖和学園2大会ぶり4回目
福島県尚志12大会連続14回目
茨城県鹿島学園2大会連続9回目
栃木県矢坂中央4大会連続11回目
群馬県前橋育英5大会連続18回目
埼玉県昌平3大会ぶり4回目
千葉県市立船橋3大会ぶり29回目
東京都帝京
関東第一
2大会連続33回目
3大会ぶり6回目
神奈川県湘南工科大附
日大藤沢
34大会ぶり8回目
4大会ぶり9回目
山梨県山梨学院3大会ぶり6回目
新潟県帝京長岡5大会ぶり6回目
富山県富山第一2大会ぶり29回目
石川県星稜10大会連続30回目
福井県丸岡3大会連続33回目
長野県東海大諏訪7大会ぶり2回目
静岡県磐田東16大会ぶり2回目
愛知県中京大中京2年連続22回目
岐阜県帝京大可児2大会ぶり7回目
三重県四日市中央工2大会ぶり30回目
滋賀県草津東3大会ぶり14回目
京都府東山2大会連続4回目
大阪府履正社
関大北陽
5大会ぶり4回目
3大会ぶり23回目
兵庫県三田学園2大会ぶり2回目
奈良県生駒初出場
和歌山県和歌山北6大会ぶり11回目
鳥取県米子北14大会連続17回目
島根県立正大淞南2大会連続15回目
岡山県岡山学芸館2大会連続6回目
広島県瀬戸内2大会連続8回目
山口県高川学園2大会連続24回目
徳島県徳島市立
徳島科学技術
8大会連続20回目
初出場
香川県高松商業3大会ぶり34回目
愛媛県今治東20大会ぶり4回目
高知県高知高2大会ぶり16回目
福岡県九州国際大附8大会ぶり2回目
佐賀県佐賀東2大会連続16回目
長崎県長崎総大附2大会連続5回目
熊本県大津4大会連続22回目
大分県大分鶴崎11大会ぶり5回目
宮崎県日章学園6大会連続17回目
鹿児島県神村学園5大会連続8回目
沖縄県那覇西2大会ぶり17回目

まとめ

今回は、 インターハイへ高校男子サッカーでの活躍が大いに期待されます東京都代表である関東第一高校について見ていきました。

2022インターハイの舞台で関東第一高校の戦いや活躍注目していきます。

開催が待ち遠しい四国インターハイの各地区の代表校の活躍に大いに期待していきましょう。

インターハイについてはこちらでチェックしてください。

インターハイ2022【サッカー】出場校と大会詳細

インターハイ2022【サッカー男子】結果速報

選手の皆さん優勝目指して頑張ってください、応援していきましょう。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

にほんブログ村 その他スポーツブログ スポーツ好き・スポーツライフへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました