【報徳学園】全国高校ラグビー21-22 兵庫県代表│選手一覧と県予選のまとめ

兵庫'21 全国高校ラグビー
スポンサーリンク

今回は、高校ラグビー選手権-21-22兵庫県代表として出場し注目される報徳学園について見ていきたいと思います。

兵庫県代表報徳学園の選手と兵庫県予選についてを合わせて確認していきましょう。

また、高校ラグビー選手権の詳細や、結果速報については下記の記事にて更新していきますので、是非ともチェックしてください。

全国高校ラグビー2021-2022│花園への出場校一覧

全国高校ラグビー│歴代優勝高校

結果速報│全国高校ラグビー2021-2022結果や組合せのまとめ

全国高校ラグビー21-222021組合せ

それでは、 全国高校ラグビー21-22組合せを確認しておきましょう

報徳学園  選手一覧

それでは【報徳学園】の選手一覧を確認しておきましょう。

【全国高校ラグビー21-22 報徳学園】

選手名学年身長体重
1橋本凌2175101
2鳥井一希316580
3木谷光2180103
4石橋チューカ218889
5中村晃貴318293
6植浦慎仁217888
7芦高琉広316879
8宮下晃毅318392
9村田大和216766
10広田真士316775
11海老沢琥珀217176
12森田倫太朗216871
13山村和也318176
14中山雄太217766
15桃田涼平317068
16前田卓耶217698
17山下秦217892
18栗原将之3172112
19柏村一喜218387
20三羽了216880
21宮崎純平316675
22伊藤利江人217069
23中森彩斗217185
24炭竈柚斗217294
25竹之下仁吾218081
26稲田一聖3178120
27窪田龍之介317080
28大塚優悟316694
29ジョーンズ日光218598
30渡辺晴斗216869

兵庫県予選 戦績

ここでは、報徳学園が優勝した兵庫県予選の結果を確認しておきましょう。

  • 準々決勝戦:報徳学園 不戦勝  村野工業
  • 準決勝戦: 報徳学園 94-0 星陵
  • 決勝戦:  報徳学園 95-91 川内

兵庫県予選の詳細はこちらになります→兵庫県予選

報徳学園の過去の出場選手

ここでは、前回大会である全国高校ラグビー選手権20-21の出場しました報徳学園のメンバーを確認しておきましょう。(学園は当時の学年)

選手名学年身長体重
大塚優悟216586
松下海斗 316484
西崎海人3175110
西本陽317285
久保太陽 318395
芦高琉広 216980
河野秀太郎317880
寺前琉達 317182
村田大和 116662
伊藤利江人117067
清水匠316561
伊藤学  317178
山村和也 218176
桃田涼平217067
植田和磨 317574
橋本凌117593
森元健太 316982.2
木谷光  1180103
佐治太伊史318486
泉颯馬318085
石橋チューカ118885
中村晃貴218191
宮下晃毅218381
長田若椰316063
宮崎純平216571
森田倫太朗116868
炭窯柚人 117285
海老沢琥珀117073
村上心源 316570
竹之下仁吾118078
栗原将之
斎藤宙
広田真士

全国高校ラグビー の 出場校

それでは都道府県別の出場校を確認していきましょう。

*代表校が決まり次第更新していきます。

出場校 2021-2022

都道府県代 表 校出 場 回 数
北北海道旭川龍谷4大会連続6回目
南北海道札幌山の手4大会連続20回目
青森県青森山田3大会連続3回目
岩手県黒沢尻北2大会連続7回目
秋田県秋田工2大会連続69回目
山形県山形中央4大会連続28回目
宮城県仙台育英26大会連続28回目
福島県磐城10大会ぶり18回目
茨城県茗渓学園10大会連続27回目
栃木県国学院栃木22大会連続27回目
群馬県桐生第一2大会ぶり3回目
埼玉県昌平2大会連続3回目
千葉県流通経大柏27大会連続29回目
東京都①国学院久我山4大会ぶり42回目
東京都②目黒学院2大会連続20回目
神奈川県桐蔭学園7大会連続20回目
山梨県日川16大会連続51回目
新潟県開志国際2大会連続2回目
富山県富山第一3大会連続13回目
石川県日本航空石川17大会連続17回目
福井県若狭東6大会連続33回
長野県飯田2大会ぶり10回目
静岡県静岡聖光学院2大会ぶり7回目
愛知県中部大春日丘9大会連続11回目
岐阜県関商工4大会連続41回目
三重県朝明10大会連続12回目
滋賀県光泉カトリック3大会連続11回目
京都府京都成章8大会連続14回目
大阪府①常翔学園7大会連続40回目
大阪府②東海大大阪仰星3大会連続21回目
大阪府③大阪桐蔭2大会ぶり15回目
兵庫県報徳学園6大会連続47回目
奈良県御所実3大会連続14回目
和歌山県近大和歌山2大会ぶり3回目
鳥取県米子工4大会連続11回目
島根県石見智翠館31大会連続31回目
岡山県倉敷初出場
広島県尾道15大会連続16回目
山口県大津緑洋2大会連続31回目
徳島県城東5大会連続15回目
香川県坂出第一3大会連続4回目
愛媛県松山聖陵3大会連続6回目
高知県高知中央3大会連続7回目
福岡県東福岡22大会連続32回目
佐賀県佐賀工40大会連続50回目
長崎県長崎北陽台4大会連続20回目
熊本県専大玉名初出場
大分県大分舞鶴3大会ぶり58回目
宮崎県高鍋11大会連続29回目
鹿児島県鹿児島実2大会連続21回目
沖縄県読谷初出場

まとめ

今回は、全国高校ラグビーでの活躍が大いに期待されます兵庫県代表である報徳学園について見ていきました。

全国の舞台で報徳学園の戦いや活躍注目していきます。

開催が待ち遠しい 全国高校ラグビー 2021-22の各県の代表校の活躍に大いに期待していきましょう。

頑張っていただきたいです、応援していきましょう。

また、国体やインカレのについての記事や各競技別の詳細記事も合わせてご覧ください。

インカレラグビー2021 

選手の皆さん頑張ってください。

今回は最後までお読みくださりありがとうございます。

今後とも有益な記事を投稿していきますので何卒宜しくおねがいします。

にほんブログ村 その他スポーツブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました